ボギーとマール(ボギーの巻)

モノblogから少し外れるが愛犬たちのことを、犬選びの基準は垂れ耳で抱きごたえのあるやつ。
この基準でいくと レトリバー系、バーニーズマウンテンドッグ(バニ)、グレートピレネーズ(ピレ)、ニューファンドランドといった感じか。後に行くほど超大型犬になってしまう。
ボーダーコリー(ボダ)にも少し心惹かれたが、耳の垂れ方が中途半端なので却下。

そこでボギー(ゴールデン・レトリバー)通称ぼおすけ、子犬の頃は腕白でなかなか小憎らしいやつだった。
IMG_0673.jpg

この写真は1歳の頃、デジカメの時代ではないので写真が少ない。
子犬の頃のなんか全然無い、あっという間に大きくなってしまった。
SCAN-01302.jpg

絆が深まったのが、最初にキャンプに連れ出した時。
知らない土地で知らない人たちに囲まれて相当心細かったのか、今までの内弁慶がどこ行く風でくっついて離れなかった、トイレの中までついてくるのは閉口。
どこへも行かないのでノーリードで放っておいたら、犬は繋げとキャンプ場にアナウンスが流れた。
bogey009.jpg


ぼおすけはどんどん成長し体重40キロの堂々たる体格に。(少しデブ)
子供に出会いがしら「でかいゴールデン」といわれたこともある、でかい犬ではなく。
SCAN-00942.jpg


散歩の前半は調子よくぐいぐい行くが帰りはよたよた、あまり体力ないし足腰も弱かった。(デブのせい?)
ちょっと休憩していかない。
bogey0001.jpg


キャンプ大好き、ドライブ大好き、どこへでも一緒に行きたがった。
これはカヌーを積んでリアゲートが開かなくなったのを押し込んで乗せてるところ。
SCAN-00873.jpg

寝るのも一緒、コットでもハンモックでもいつも一緒。
bogey005.jpg
bogey001.jpg
bogey006.jpg
SCAN-00804.jpg
SCAN-00624.jpg
SCAN-00611.jpg

でも、キャンプ犬というよりテント犬、テントが大好き。
SCAN-00602.jpg


これは初めて泳いだとき、相変わらず外では離れないのでこちらが水の中に入るとついて泳ぎだした。
SCAN-00891.jpg
SCAN-00893.jpg
bogey0010.jpg

その後がたいへん、人間も泳いだあとはけだるい感じになるが、へろへろ状態になってぶっ倒れてしまった。
SCAN-00912.jpg

「帰ってから死んだように寝てるんやけど」と、母にいったい何をしたのかと怪訝な顔をされた。
これがよっぽど懲りたのか、この後からは二度と泳ごうとはしなかった。
自分は陸にいて、泳いでるこっちに向かって帰ってこいと吠えるのだ。

カヌーに乗ると公園のボート状態、こちらへ乗り移ってこようとするので転覆しそうになる、舳先で進行方向を見てもらわないと絵にならない。
SCAN-00883.jpg
bogey008.jpg

ぼおすけは少し偏食でドライフードはあまり食べない。
肉やチーズは大好き、米はチャーハンか卵でもかけてやらないと食べない。
人が食べ終わるのをじっと待ってねだる、いらないのかと思って全部食った後という時も。
2キロのローストビーフを大半食っったときは、おなかが四角くなって大満足。
SCAN-00924.jpg


ゴールデンはいつでもニコニコ顔。
100-0082_IMG.jpg
IMG_0552_PRT.jpg

9歳を過ぎた頃からだんだんと足腰が弱くなり、散歩の途中でへたりこむことも。
これは動けなくなって撤去されているところ。
DSC00435.jpg

大型犬は長生きしないとかいわれながらも、ぼおすけは13歳までがんばった。
Image401.jpg
IMG_0061.jpg


他、勝手に付けた犬の略称
トイプードル:トイプー(一般的?)
スタンダードプードル:スタプー
ボストンテリア:ボステリ
アメリカン・コッカー・スパニエル:アメコカ
キャバリア・キングチャールズ・スパニエル:♂でもキャバ嬢
ボギー以降ゴールデン:ボギ。茶ボギ、白ボギ、美白ボギ(顔が妙に白い子)
マール以降ラブラドールは、マー。黒マー、黄マー等



スポンサーサイト

ボギーとマール(マールの巻)

ボギーの喪があける頃、犬がいないと寂しい寂しいと母が言いだした。
今度は抜け毛の少ない(短い)ラブなんかいいんじゃないかと薄情なことを。
こちらとしてもボギーのいない寂しさを紛らわせるため、近くのペットショップでラブのことを尋ねた。
「今、うちにはいないけど岡山店のほうに2匹いますよ」、メールで写真も送ってもらった。
「よかったら会ってみますか」と言われ、2匹のうち写真で見て気に入った子をお願いした、
もう1匹は体調不良ということもあった。
GW連休中に、グリーン車にて連れてこられたのがマール(通称まーてき)。
DSC00316.jpg

ボギーの時もそうだったが、子犬を一度見てしまったらこの子いらないなんていえない。
「うちの子になるか、そうかそうか」といった感じで即決、マンションに連れて帰った。
DSC00090.jpg
DSC00087.jpg
DSC00097.jpg

ただ、ここではいつまでも飼えないので泣く泣く実家の明石へ搬送、これ以降毎週末明石詣でが始まる。
子犬の頃のマールは本当にかわいかった、子犬を見慣れているペットショップのお姉さんも「この子かわいい顔してる」と絶賛。
手足が長くモデル体型でイケメンなのでタレント犬にでもするかと早くも親バカ。


潤んだ瞳でじっと見つめ、膝のうえで抱いてもらうのが大好き。
DSC00111.jpg
DSC00109.jpg

困ったところはトイレ、どこでも粗相を。得意技は「うれション」。
里子に出している関係でしつけもままならず心配していたが、かなり大きくなってからだがトイレ癖は解消した。

手足が細長くて妙に体がくびれているので、黒アリのよう。
DSC00289.jpg
MAR 025

マールのためだけではないがマンションの売却を進め、一緒に住める借家を探した。
家は手頃なのがじきに見つかったが、夫婦二人とも働いている状態ではなかなか引き取る訳にもいかず、1歳の誕生日が過ぎるまで週末は箕面で平日を明石と行ったり来たりで過ごした。

この頃はクルマ平気。
SANY0159.jpg

廊下が滑るのが嫌なのはわかるが結界となって踏み込もうとしないため、廊下にコルクを敷いた。
リビングにはカーペットと置き畳、これも全てマーのため。
032.jpg

こたつも大好き。
127.jpg

そこへ朗報?、ぴろ(妻)の妹がリストラされ、しばらく無職生活をするというのでマーシッターとしてスカウトし、晴れてうちの子となる。
「ばーか」とか「でーぶ」とか言われながらもかわいがってもらっていたようだ。

現在のマールの散歩散歩攻撃を見るとやはりこちらで引き取って正解だったが、後釜のてんがなんともこれまた。
てんのことは、またおいおい。

IMG_0822.jpg
Image705_p.jpg
DSC00349.jpg
画像 041
SANY0140.jpg



ボギーとマール(両者比較の巻)

性格:
ボギーはおに(自分)命、どこでも一緒についてこようとし離れない。(よく人間違いはするけど)
散歩の途中でコンビニ前で待たしたら、ガードレールにつないでいたリードを食いちぎろうとした。
一緒にいると喜んではしゃぎまわるので、少し困った。
IMG_0222.jpg

マールのおに(自分)度は少し怪しい。とにかく頑固なところがあり、自分がダメ、無理と決めたところやモノには決して近づこうとしない。
先日、裏山で軽い登山をしたが途中で2メートルくらいの高さの梯子場があり、登りはマールを担いで揚げた。下りは使われてない捲き道が見つかったのでそっちへ先に行ったと思ったら戻ってきて、もうついてこようとしない、「無理」と判断したらしい。確かに使われてないだけあって道が崩れてるところもあるが、4本足のお前が通れん道やなかろうと思うが、頑なに拒絶。最終的にはリードを付けて引きずり降ろした。ボギーなら迷わずついてきたか、崖の上からダイブしたはず。
この橋も結局渡れず、観光客に笑われた。
P8110033.jpg

他に拒否ることとしては、まずドライブ、フローリングの床(今の家のは克服)、家の階段(狭くて先が見通せないとダメみたい、散歩の途中のは全然大丈夫)等。
お決まりのドライブ前に捕獲の図。
SANY0026.jpg

両者を見て思うに、ボギーは自分のことを犬ではなく人間と思っている節があり、他の犬にはほとんど興味を示さない。自分が仲間はずれにされるのが気に入らないらしく、部屋に入れない庭に回ったり、ドアの向こうに戻ったり、と吠えたりか細い声で泣いたりで、あの手この手でアタックする。
その点マールは人も好きだが、他の犬も大好き。でも、苦手なワンコに散歩中に会っても見向きもしない、近づいても視線を合わそうとせず顔をそらす、この辺も頑な。以前よく遊んでた公園で、はるかに小柄なコーギーにすごい剣幕で追い出され、数ヶ月そこへ近づこうとしなかった。

外敵に対しては、ボギーは我々を守ろうと前面で戦おうとする。六甲でキャンプしてた時イノシシが出現し、いきり立つのを押さえるのがたいへんだった。喧嘩っ早いところもあり、何度か他の犬と乱闘になったこともある。特に猫は目の敵、母の散歩中に追いかけて行方不明になったことも、数日後にあやうく他所の子になりかけていたところを発見し、無事回収。
IMG_0267.jpg


マールは、嫌なものや危険を感じるとすぐに後ろに隠れる。
苦手やワンコに散歩中にあっても顔を合わさず、無視して逃げようとする。
自分より大きな犬には興味が無く、ちびっ子が大好き。
転がすといろんな動物の鳴き声がするオモチャをもらったが、ビビりまくり。

散歩:
ボギーは散歩の前半は猛ダッシュ、これは一緒に走る癖をつけてしまったせい。さもなくばグイグイ、その代わり後半はヨタヨタで体力なし。
IMG_0339.jpg

マールは早足でスタスタ、暑かったり疲れたりするといきなりへたりこむ。
R0010750.jpg
2009-06-27_SANY0062.jpg

回数はボギーは朝晩2回で合計1時間強。
朝が母で夜が自分、仕事で疲れてたときはよく待たせたまま寝てしまった、そんなときはドアの外でじっと待ってて申し訳なかった。
マールは1日3から5回で3時間超で散歩の要求も強烈、時間にも正確。季節にもよるが、だいたい朝が5時から6時スタート、昼が14時、夕方18時、よる21時といった感じ。

トイレ:
ボギーはトイレに困った覚えがない、ごく小さい頃を除いて自然と庭や散歩の時など屋外でするようになった。
それに比べマールはほんとにおしっこたれだった、とにかく何かあるとおしっこ漏らしてたので家中が臭かった。成犬になっておさまって本当によかった、一時はどうなることかと。
散歩の時はマールはあちこちにひっかけまくりボギーは1カ所で大量に、どっちも困ったもんだった。
しつけができてないといえばそれだけなのだが。
他所の玄関前でおしっこするボギーを引きはなしたら。
IMG_0534.jpg


メシ:
2匹とも基本はカリカリ(ドライフード)。
ボギーの時は最初サイエンスダイエットだったが、あまり食べないので色々かえてみて何でも一緒なら安いのでいいやってところに落ち着いた。カリカリを入れてもすぐに食べようとせず、おやつや人の残り物をもらえないのがわかってさらに小腹がすいたら食ってたみたい。器に残ったままになってることが多いので、遊びに来た近所のワンコ(綾ちゃん)が代わりに食ってた。カリカリの代わりに肉やチーズや卵等動物質のものが大好きで、米なんかは全然食べない。パンもバターが塗られてないとあまり食べない。よくもらってたおやつがちくわ。この辺りが母が「ぼーちゃんは、ちーとも欲しがらへんし、ちょっとしか食べへん。」という理由。ただし、キャンプでローストビーフを作った時、あまりいい肉じゃなかったので人間は食が進まず2キロの肉の大半を食ってしまった、好きなものだとこんなもん。
マールは何でも食べるし、なんぼでも食べる。
今はメインがユーカヌバ、ボギーと違いガツガツとあっという間に平らげる。何が一番好きなのかは諸説あるが、食パンが有力。散歩と同じく生活習慣が厳格で、カリカリが少なめだったり煮干しのトッピングがないと不満げだし、朝はトーストの耳とヨーグルトを出されるまでじっと待ってる、食い終わると寝ちゃうんだけど。
米も大好きで、おにぎりも喜んで食べる。白菜も好物で、外側の大きな葉っぱを3枚くらいぺろりと食べる。
この量だと2回おかわり。
SANY0124.jpg


困るのは拾い食い、何でも口に入れる。春の味覚は土?肥料か何かのようだが、我々には土にしか見えないものを拾い食い。夏の味覚はセミ、弱って落ちてる奴を口の中でジージーいわせたまま持ち歩き、ほっとくと食っちゃう。口をこじ開けて取り上げるようにしてるが、ぴろ(妻)はできないので、セミを見殺し。秋は柿、冬は白菜(畑に捨てられてるドロドロのやつ)。
秋の味覚、柿ゲット。
P9270108.jpg

これ以外にもおまえはヤギかというくらい草を食べる。変なもんばっかり食ってるので、よくお腹を壊して下痢。うんちを拾うのにも困るが夜中に緊急事態とばかりに起こされるのは勘弁して欲しい、家の中でされるのよりはましだけど。
ボギーはいつも快便。
IMG_0199.jpg


おに検(犬)ランキング:

ボギー     1級(永世)

マール     3級(2級から降格)

てん      3級受験予定

ロロ(隣の犬) ランク外(一時慣れたのに、最近は不審者扱い)



今日のマーてき(0312)

今日のマー。
マーは5時起床、
うろうろするのをなだめていたが耐え切れず6時15分にこっちが起床。

昨日は吹雪の中の散歩だったが、今日はまずまず。
朝はグラウンド(写真なし)約30分。
最近グイグイが激しく興奮気味、ヒート中の女の子でもいるのか。

昼散歩は山(ふれあいの森)約40分。
よその犬に噛まれてから足が遠のいていたが、少しの抵抗だけでたどり着いた。
P3120041.jpg
P3120033.jpg

結構、楽しそうにうろうろするようになっている、トラウマ消えた?
マーの耳をかじった犯人!?
P3130014.jpg


夕方散歩は再びグラウンド約40分。
何見てんの?
P3120053.jpg

すごい引き、原因はこいつか。
P3120055.jpg

いっちゃった、少し落ち着きを取り戻す。
P3120057.jpg

この後は上の広場から叶岳方面へ少し登る。
P3120069.jpg


グラウンド下へ降りての帰り道、
いつもここでトイレをするので通称うんこ道、木の根元が定番でさしずめうんこ並木。
P3120073.jpg

あっ!!
P3120074.jpg


夜の散歩は遺跡(写真なし)約40分。
本日の予定終了、お疲れ。



週末のマーてき(0313-14)

朝マーは5時台に起床。
外は雨、そわそわうろうろしているのを無視して寝る。
7時まで粘り、雨の中出撃する。(写真なし)
行き先はグラウンド、ショートコースで切り上げて帰宅、約20分。
よそのわんこは雨の日散歩なしみたいなんだけど、何で全天候型なのかねえ。

昼はグラウンドから3丁目うろうろ、約30分。(写真なし)

夕方は遺跡、約40分
途中でやはり散歩に出かけるラッキー(黄ラブ♂)と会う。
遺跡ではちびっ子2匹と少し戯れる。
P3130003.jpg
P3130011.jpg

遺跡から戻ってきたところで、やはり帰ってきたラッキーを見かける。
ラブの散歩所要時間は同じ?1ラブ散歩単位は40分?


19時から散歩の催促が始まり、グラウンドへ。(写真なし)
散歩に行く時間がだんだん早くなっている、昔は22時出発が定刻。
人がいなかったので、フリーにしてかくれんぼ、約30分

ひょっとして5回目の催促があるかと思っていたが素直に就寝、
人もあわせて寝る21:30、おやすみ。

翌朝も5時台に起床、6時半から散歩に出発。
バス道からグラウンドへ行きたがるのを山へ。
グラウンドに未練たらたらだったが、もう山を嫌がらない、よしよし、約40分。

朝ごはんを食べたら普段は寝るのだが、人がコタツにいないので落ち着かず、
庭に出てしばらく入ってこないのでほっといたら、玄関のほうから入れろと呼ぶ声。

今日も昼はグラウンドから3丁目うろうろ、約30分。(写真なし)
3丁目の彼女(黄ラブ♀)のところへ。

夕方はまたグラウンド、40分。


P3140019.jpg

今日は暖かい、お水ください。
P3140020.jpg

階段を上がって上の広場へ。
P3140021.jpg

博多の街に睨みをきかす。
P3140022.jpg

りんちゃん。
P3140025.jpg

むくむく。
P3140041.jpg

無視されました。
P3140052.jpg

遊びたいけどサイズ違いすぎ。
P3140057.jpg


夜はさくっと遺跡へ、40分。(写真なし)
今日もお疲れ、終了。







プロフィール

おに

Author:おに
おにです。
射手座 B型 永遠の十代 ♂
物欲との戦いの日々、
散財状況と日常のぐだぐだを、
気の向くままにお伝えします。

ぴろ
かに座 A型 ♀
おにの嫁

マール:Mar (まるっち、丸犬)
昼寝とオヤツ命の黒ラブ 10歳 ♂
丸顔、タレ目、でこっぱち
最近、散歩は控えめ 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
楽天
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム