列島横断弾丸キャラバン(準備編)

10日間のキャラバンから帰ってきた。

今回の旅はキャンプ装備も持参するものの大半が車中泊、快適な寝床は必須。
昨年の東北行は暑さのせいもあり、たいそう寝苦しく消耗した。
で、作りましたよ簡易ベッドを。
ハイエースなんかだと金さえ出せば市販のキットがいろいろあるのだが、輸入車用となるとワンオフで製作してもらうしかなく、手間も時間もかかり数十万の出費となる。

自分の車は後部座席を完全に取っ払い2シーターとすることも可能なのだが、1脚で30キロの座席を脱着するのは大変な重労働だし置き場所にも困る。
そこで考えたのだが、後部シートの背もたれを前に倒すとほぼ水平になる、これ使えないかな。
荷室に同じ高さになる台をおけば充分に横になれるが、大人が二人寝るとなるとかなりの重量になるため華奢な造りでは不可なのと、荷物が充分に積載できてかつ簡易にセッティングできる必要がある。
ネットや雑誌ではコンテナや衣装ケースの上に板を渡し、車中泊の簡易ベッドとして使っている例をよく見かける。
荷室をフルに使用できるならそれもよいが、市販品流用ではシートと同じ高さに揃えるのが難しい。
よしここは自作だ!!
が、最初に材料を買ってから完成まで実に半年、放ったらかしにしていたのを出発直前に仕上げた。
ちなみにぴろは絶対できない、今回もベッドなしだと思っていたらしい
自分は夏休みの宿題は夏休みが終わってからやるタイプ、計画的になどできない。
それもさんざん督促されるまでほっといていた、運がよければやらずに済むから。
今回ようやく尻に火がつき重い腰を上げた。

材を切りそろえる。
2011 03 13_5521

材料はいろいろ考えたが見栄えより強度優先、失敗しても痛くない安価な建築用木材でいくこととした。
フレームは2寸角の垂木用赤松2メートルもの1本約800円を10本、板は1X4のSPF材2メートルもの1枚約200円を12枚、合計で1万と少し。

2011 03 13_5540

この辺から焦りだして作業再開、ホゾの加工、丸ノコで胴付きをカット。
2011 04 03_6461

ホゾ穴の加工、電動ドリルで大まかに穴をあけてからノミで仕上げる、福岡では穴ほがすという。
2011 04 03_6468

接着剤を使用して組み上げ、
2011 04 28_7541

2011 04 28_7542

2011 04 28_7543


天板を真鍮釘で打ち付ける、木材の端が揃っていないのは今回は仮組みで帰ってきてから綺麗に仕上げるつもりだったため、これが後にあだに。
2011 04 28_7547


少しやっては放ったらかしを繰り返したので1ヶ月以上かかったが、集中してやれば実質2日あればできると思う。

さあ車に積むぞ、
2011 04 28_7548

が、車内の奥行きが足りなくてあたる、幅もキツく入らない。
2011 04 28_7549


仕方が無いので夜の7時に丸ノコで天板の余り部分をカット、これで幅はギリギリでクリア。
奥行きはシートを10センチほど前にずらしなんとか解決。
2011 04 28_7554

おっ、いい感じ。
2011 04 28_7553

荷物もちゃんと積める。
下段はキャンプ道具、上段は寝具と衣類のダッフルバッグ。
2011 04 29_7489

結果は大成功、クーラーボックスの件とか改善の余地はあるものの、これまでは寝る前に荷室の荷物を全部外に出してから寝床を整え、荷物は前部座席に詰め込むのだが入りきらないときは一部を車外に出すこともあった。
今回は車内から出ずに1分でセッテングができる。
2011 05 03_7069

2011 05 03_7067

2011 05 03_7066


マットレスを敷くのでちゃんとしたベッドで寝るのと遜色なし、天井が低い事以外は不満なし。
角材を建築用金物で補強したフレームはミシリともしない、おかげで重いが。(推定40キロ)

使用例:
2011 05 02_7298

2011 05 02_7308


行くぞ北海道、出発編に続く。






スポンサーサイト

列島横断弾丸キャラバン(出発編)

当初目論見では、晩飯食って風呂はいって22時頃に出発しようというつもりであったが、
ベッドの仕上げと設置で手こずったため、とりあえず仮眠をとってから深夜1時出発。

丸犬の寝込みを襲い拉致、一路東へ。
2011 04 29_7491


岡山-兵庫県境の事故渋滞のあと、三木SAで仮眠。
自分が寝ている間、丸犬は楽しんでいたみたい。
2011 04 29_7502


茨木-京都間で本格的な渋滞につかまる、また眠くなったので桂川PAで休憩。
2011 04 29_7512

丸犬はカーブとストップアンドゴーが苦手。
2011 04 29_7514

ここまでで約2時間のロス、予約しているフェリーの関係で青森に翌日の昼頃に着かないとならず、少し焦る。

北陸道へ入り渋滞ともおさらば、尼御前SAで丸犬散歩中。
2011 04 29_7530

夕食は米山SAですませたが、その直後これに気づく。
2011 04 29_7533

満腹なのでレギュラーにしたが一口しか食えず、残念ながら大部分が丸犬へ。
よし帰りにビッグを食うぞと思ったが、下り限定メニューらしく食えなかった。

翌日のことを考えると仙台あたりまでいっておきたかったが、磐越道の磐梯山SAで力尽きる。
写真のノイズは空気中に浮遊する放射性物質のため。(ウソ)
2011 04 30_7409

翌朝、東北道に入る。
仙台を超えると路面状況が悪化、写真ではわかりにくいが継ぎ目が裂けているのが再舗装されており、盛り上がってジャンピングスポットのようになっている。
車がピョコピョコしジェットコースター状態で、丸犬のみならず人間もたいそう不快。

2011 05 06_7663

ナビには規制情報がいっぱい。
2011 04 30_7414

よく見かけたのが大量の仮設トイレの運搬、この時期なので被災地向けというより復興現場用であろう。
2011 04 30_7417

岩手に入り、桜前線に追いつく。
2011 04 30_7436

青森港に無事到着、予約していたフェリーに乗船。
2011 04 30_7455

約4時間の航程、船内で寝るつもりだったが大部屋では落ち着かずあまり眠れず。

函館へ無事到着。
2011 04 30_7464

ここまでの積算トリップ情報。
2011 04 30_7463

すでに夕方、土地カンのない函館での今宵の宿は五稜郭公園のパーキング。
2011 04 30_7466

2011 04 30_7469

おやすみ、道南→十勝編に続く。





列島横断弾丸キャラバン(道南→十勝編)

朝、目覚めて最初に丸犬の散歩。
昨夜は内側をショートカットしたが、こんどは堀に沿ってぐるっとまわってみる。

2011 05 01_7315

2011 05 01_7320

北海道は桜はまだつぼみ、開花は今週末あたりか。
2011 05 01_7311

しかしこの五稜郭、思っていたよりショボい。
「えっ、こんだけ!?」って感じ。
丸犬の散歩には丁度いいが、要塞を想像していると肩透かしを食らう。
大砲もある時代に、こんな軍事拠点じゃ官軍に負けるわ。

本日の目的地の帯広周辺に向け出発。
まず最初に立ち寄ったのが大沼公園、駒ケ岳なども見えるはずなのだが。
2011 05 01_7324

2011 05 01_7332


キャンプ場があったので、駐車場に車を入れ周辺を散策。

2011 05 01_7027

2011 05 01_7030

少し気になったキャンプ場の立て札。
2011 05 01_7328

ところどころ釣り人がいるのだが、それは我が目を疑う光景。
2011 05 01_7035

釣台に竿掛け出して、どうみてもヘラブナ釣り。
北海道はルアーやフライで鱒とか釣るんとちゃうん、函館は本州チックと聞いてはいたが。

森の道の駅で、朝御飯に名物のイカめし。
2011 05 01_7338

伊達の手前で、丸犬が暴れだしたので道の駅にて散歩。
2011 05 01_7356

室蘭では地球岬へ、でもここもなんも見えん。

2011 05 01_7360

2011 05 01_7053

白老で昼食、白老牛の牛丼と焼肉丼。
2011 05 01_7369

高速に乗るがナビに騙され分岐で日高道に、
ちなみに手元の地図(2001年版)ではこの道ちょろっとしかできていない。
間違いではないが、まっすぐ日勝峠方面へ行きたかった。
国道に降りしばらく走っていたが、また丸犬が暴れだしたのでので二風谷ダムのあたりで散歩。

2011 05 01_7372

まわり道と途中の仮眠のせいで、日も暮れかかった頃に日勝峠に到着。
2011 05 01_7382

日高側の8合目付近からガスが、どんどんシャレにならない状況に。
2011 05 01_7385

2011 05 01_7391

なんとか峠を超え、道東道のSAで丸犬の散歩。
2011 05 01_7394

実は道東道は延伸して日勝峠もトンネルが開通しており、秋には千歳・札幌方面と直結するらしい。
事前に伸びてることだけは知っていたが、ナビ任せにしていたためこんなことになった。
どうりで車がおらんと思った、こんな天気の夜に誰も峠に上がらんわ。
今回の教訓、地図は最新にすべし。

出発してから風呂抜きで頭も痒くなってきたのでぜひ入浴したい、どうでしょうで名前だけ知っている十勝川温泉に向かう。
2011 05 01_7397

このあたりの温泉はモール泉というやつで、植物起源の有機質を含む湯、ようは昆布だしみたいなもんである。
余談だが今の家に引っ越した際、風呂釜が長期未使用でお湯を入れると湯垢(泥)がでてモール温泉状態だった。

風呂が終わると次はメシと寝床、白老で見たガイドブックの情報を頼りに池田町へ。
少しさまよい駅前の駐車場が無料で駐め放題なのを発見、ここをキャンプ地とする。
車を置いて食事へ、もう走らないのでビールも飲める。
2011 05 01_7407

帰ってからお勤め(丸犬の散歩)を済ませ、就寝。
2011 05 02_7133

丸犬が便秘気味なのが少し気がかり、十勝→厚岸編へ続く。


Amazonのこいつは2007年版だったので買わなかった、道東のコンビニで2011年版をゲット。




列島横断弾丸キャラバン(十勝→厚岸編)

朝、池田町を散歩。
2011 05 02_7141

2011 05 02_7143

2011 05 02_7159

次の目的地、弟子屈方面へ移動、途中の風景。
2011 05 02_7177

2011 05 02_7178

2011 05 02_6983

2011 05 02_6977

渓流でフライフィッシング、やっぱこれだよ。
2011 05 02_6976

おー、すげえ。
2011 05 02_7187

まあまあいい感じかな。
2011 05 02_7211

2011 05 02_7242

標茶を釧路川沿いに根室へ向かい南下。
2011 05 02_7257

2011 05 02_7004

2011 05 02_7016


夕食は厚岸の道の駅で海鮮バーベキュー。
2011 05 02_7277

何故かバーベキューの野菜セットが白菜だったので、丸犬にお土産。
2011 05 02_7293

おやすみ、ここ風が強くてすっごく寒いんやけど朝の散歩嫌やなあ。
2011 05 02_7299

厚岸-中標津編へ続く。







列島横断弾丸キャラバン(厚岸→中標津編)

厚岸の朝、風が強くて寒い。
が、それよりも問題なのは、日本の東端に近いこのあたりでは日の出が福岡より1時間は速い。
3時台で薄明るくなり4時になるともう朝、丸犬のタイマーがリセットされてしまった。
2011 05 03_7054

2011 05 03_7062

厚岸は牡蠣が有名な海沿いの町。
2011 05 03_7074

風が強くて寒い。
2011 05 03_7071

根室へ向け出発し、最初の休憩。
2011 05 03_7078

誰もいないので丸犬をフリーに、原生花園でおおはしゃぎ。
2011 05 03_7081

展望台に上げてみる。
2011 05 03_7089

2011 05 03_6943

2011 05 03_6949

次に霧多布岬へ、何があるというわけではないが先っぽはとりあえず行くことにしている。
2011 05 03_6965

途中でこんなものが、
2011 05 03_6967

こんなとこだったのね、東京に引っ越してもめてたみたいだけど戻ったらしい。
2011 05 03_6972

根室手前の風蓮湖で散策、
2011 05 03_7114

丸犬に牛乳を支給。

2011 05 03_7118


根室に到着、ようやくの朝昼兼用御飯はエスカロップ。(名物のカツライス)
2011 05 03_7121

車を駐車したイオンで白菜を半たま購入、丸犬のお通じ改善なるか。

お腹がふくれたら、先っぽシリーズ納沙布岬へ。
2011 05 03_7132

向こうは北方領土のはず、なんか見えるんだけどよくわからん。
2011 05 03_7975

2011 05 03_7976

まだ時間が早いので、野付半島へ回ることに。
2011 05 03_8003

原生花園(何も咲いていないのでただの原野)で散歩。
2011 05 03_8012


そして本日のメインイベント、別海町で夕食におにぎり班絶賛のポークチャップを食べること、なんと700グラム。
焼き上がるのに40分かかるので、要予約。
2011 05 03_8027

予約した時間に少し遅れたせいか、アツアツから少し冷めていまひとつ。
でもぺろっと平らげ、丸犬にも数切れおみやげ。
2011 05 03_8035

あとは寝るだけだが、このあたり道の駅もなく牧草地や原野ばかり。
公園とかの駐車場でもよいのだが、真っ暗になってからだと様子がわからず不気味。

ようやく中標津の開陽台に場所を定め到着、ここは小高い丘の上の展望台。
プラネタリウム以上の星空が売りらしいが、曇っていて何も見えない。

今日は脂っこいもんばっかり食ったので黒烏龍茶でも飲んどくか、おやすみ。
2011 05 03_8036

中標津→八雲編へ続く。







プロフィール

おに

Author:おに
おにです。
射手座 B型 永遠の十代 ♂
物欲との戦いの日々、
散財状況と日常のぐだぐだを、
気の向くままにお伝えします。

ぴろ
かに座 A型 ♀
おにの嫁

マール:Mar (まるっち、丸犬)
昼寝とオヤツ命の黒ラブ 10歳 ♂
丸顔、タレ目、でこっぱち
最近、散歩は控えめ 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
楽天
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム