スノーシューで林道

丸犬先生を積込み、一家で林道へ出撃。
DSCN0610_N.jpg


本日はスノーシュー、腹巻き状のものはチェストリグという。
DSCN0638.jpg

ザックだと銃をしっかりと背負いにくいのと、
DSCN0614_20140302174612cca.jpg

腰や背中につける場合と違い、クルマに無理なく乗れる。
DSCN0612_2014030217461142b.jpg

左からナイフ、GPSポーチ(中はスマホ)、
ショットシェルポーチ(中は弾が6発)、
アドミンポーチ(中は許可証類と財布)、
大きいのが各種小物入れのポーチ。
MOLLE規格のポーチなら、自由に装着できる。
DSCN0686_20140302174613438.jpg

裏のメッシュポケットに細引きやスリング。
DSCN0687.jpg

出発、スノーシューを履いていても時折スボっと踏み抜く。
おっかなびっくり、あとに続く丸犬だったが...
DSCN0618.jpg

またもや林の中へ、
DSCN0645_2014030217564410d.jpg

フラフラと消えていく。
DSCN0646_N.jpg

しばらく待つと、戻ってきた。
DSCN0648_N.jpg

そろそろ1時間ほど歩いたことになるので、折り返して帰ろう。

こら、道から外れるな!!
DSCN0650_2014030218195289b.jpg


最後、車の手前でむずかるが、
DSCN0680.jpg

観念したか。
DSCN0683.jpg

結局、本日の成果は鹿の声を聞いたのみ。
スノーシューだと結構盛大な足音がするので、猟にはスキーのほうがいいかも。
でも、スキーは小回りがきかないんだよな。

スポンサーサイト

とびだす、よさくどん

最近、散歩の際に要注意なのが、よさく。

DSCN0598.jpg

よさくのトコは大きな牧場なので、散歩代わりにフリーにしてあることもあり、
そんな時に丸犬と前を通りかかると、タタタターッと駆け寄ってくる。
「うわ、出たっ」って感じ。
ずっと離れないので、中までよさくを係留しに行かねばならない。

DSCN0596_2014030316553557b.jpg

仲は悪くないのだが、
DSCN0592.jpg

若いというか幼いよさくに対し、もはやすっかりオッサンの丸犬は持て余し気味。
DSCN0594_20140303165533ba3.jpg

ところで丸犬もよさくの家の方を、いつも気にしているのだが、お目当てはよさくの残飯。
DSCN0601.jpg

見た感じ、昔ながらの残りもの風ゴハン、山盛り与えられているのか、かなり米粒が残っている。
酪農家は、ドッグフードのことを配合飼料と呼ぶことも。

しかし、いやしいやっちゃな、コラッ!!
DSCN0600.jpg

食器はこの炊飯器の釜と、もうひとつ洗い物をするようなタライ。
ぴろは、フタのない樽のようなものに牛乳が入れて置いてあるのを見たらしい。
そりゃデカくなるわ。

ノラの座

先日の吹雪の頃から、すっかり我が家に居着いてしまったノラーさん。
P2170117.jpg

依然、3メートル以内には近寄らせないが、少しは縮まったか。

玄関先に敷いた、滑り止めマット代わりのずだ袋を寝場所にされていたが、
DSCN0448.jpg

ここは軒先から雪や滴が落ちてくるところなので、扉の前に敷物を敷いて居場所を新たに設定した。
DSCN0546_20140305094109630.jpg

吹雪の時はここでも良かったが、引き戸が開くたびに飛びのくので、いささか気の毒。

デッキ側に移設した。
DSCN0698.jpg

どうやら、この敷物を自分の居場所と認識しているようだ。
ここでも、人が出入りするたびに逃げていくのはかわらないけどね。

半(ハーフ)原野

今日は大荒れの天気。
雪があまり降っていないので、前回よりマシではある。

そんな中、やはり必要なのが丸犬の散歩、普段とは反対の方向へ出発。
DSCN0709.jpg

ここは国道との合流部、
DSCN0713_20140306075427acf.jpg

100メートルほど向こうの防雪傘がほとんど見えない。
DSCN0715_20140306075428d5b.jpg

ウンチもしたし、戻るぞ。
DSCN0720.jpg

帰る方向は、家も見えてるし、明け方に一車線分が除雪され路面が出ている。
DSCN0726.jpg

だが、うちから先は景色が違う、黄色い点は出入口の目印においている収穫コンテナ。
DSCN0732.jpg

視界はせいぜい電柱2本分、道路は吹き溜まりだらけ。
DSCN0704.jpg

我が家から先200メートルほどは原野、前回クルマが乗り捨てられていたトコロ。
うちの敷地から国道までは背後の森に守られ、周囲が荒れ狂っていても比較的穏やか。
それにひきかえこちら側は、木もまばらで山からの風がそのまま吹き抜け、雪を落としていく。

原野とは、本来は人の手の入っていない雑草や灌木の自生した土地を意味するらしいが、
ここらでは、何もない吹きっさらしの広大な土地をいう、夏場は牧草地だったり畑だったりするのだが。
そういった地域は、住所自体も◯◯原野となっている。
うちは横にちょっとあるだけなのでヌルいし、住所に原野もつかないけど。


以下、先日の吹雪の後のモノホン原野の参考画像。

赤白のポールは道路の縁に立てるモノなので、電柱との間あたりに道があるはずなのだが...
DSC_0244S.jpg

こういった場合、ロータリー除雪車でないと話にならない。
DSC_0243.jpg

豪快に雪を吹き飛ばして進んだ後に、
DSC_0242.jpg

道ができる。
DSC_0246.jpg

でも、強風が吹くと、すぐ元どおり。


午前の主役

昨日の暴風雪、午前中のニュースにやたらと登場。
DSCN0741.jpg

ここは内陸部なのに、なんでこんなに風が強いんだ?
えりも岬みたいな、太平洋に突き出した先っちょに勝つって、どうよ。
午後からは、羅臼にお天気ニュースの主役をゆずったけど。

前回のようにジム車が埋まらないうちに、
DSCN0757.jpg

風当たりの少ない方へ、
DSCN0759_201403071821525c6.jpg

動かせるうちに移動。
DSCN0765_20140307182154592.jpg


午後になって晴れてきた。
結局この程度だったので、ジムニーならなんとかなったかな。
DSCN0772.jpg

まだ風は強いので、近場までショート散歩へ出発。
DSCN0775.jpg

前からくるクルマは?
DSCN0778.jpg

新聞配達、そろそろ夕刊の時間なんですけど、これまでの最遅記録更新。

ぴろはこの日仕事を休んだのだが、少しすったもんだ。
前回のように「無理に来なくていい」という連絡を、時計と外の状況をにらみながら待っていたのだが、
こらえきれずに自分から「休みます」と電話して、このチキンレースに負け。
でも、そのあと通勤路も通行止めになり、公休扱いでいいよと連絡有り、これって判定勝ちか?


プロフィール

おに

Author:おに
おにです。
射手座 B型 永遠の十代 ♂
物欲との戦いの日々、
散財状況と日常のぐだぐだを、
気の向くままにお伝えします。

ぴろ
かに座 A型 ♀
おにの嫁

マール:Mar (まるっち、丸犬)
昼寝とオヤツ命の黒ラブ 10歳 ♂
丸顔、タレ目、でこっぱち
最近、散歩は控えめ 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
楽天
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム