リハビリがてら

謎の発熱で、2日ほど寝込んだが解熱剤が効いて楽になったので始動。
天気はいいが、北風が強く寒い。
DSCN9833.jpg

その後、冬の傷跡の修復に着手。
このデッキ、
DSCN9115_20150517163226963.jpg

両端だけ盛り上がっているように見えるが...
DSCN9116_201505171632276ea.jpg

実は端以外が落ちている、もともと腐っていたのに、この冬のドカ雪がとどめ
基礎のないトコロが落ちてしまった、上を歩くとブカブカ。

存在意義がわからない(おそらく見た目の問題だけ)、鼻隠し状の板を引っぺがす。
DSCN9836.jpg

これで全容が出てくるはずだが、ビスや木が腐っていて半数以上がまともに外せない。
DSCN9848.jpg

バールとプライヤーを併用、6畳ほどのデッキの一部だけで、こんなに。
DSCN9858_20150517163326f41.jpg

前面を素っ裸にした状態、間口2間ほどあるので、もう1箇所は束がほしい。
DSCN9863.jpg

これで、ようやく床下が覗ける、むむむ。
DSCN9853_2015051716332325e.jpg

中の方は、屋根の下で濡れにくいので、もう少しもつだろうが。
DSCN9854_20150517163324926.jpg

まあ、見た目は綺麗に仕上げてあったが、安易な構造。
土台や大引といえるものがなく、束の上の木切れに根太を打ち付けてあるだけ。
基礎をビタっと水平に造れれば、その上にベタ置きするだけでいいが、
それが怪しい上で、水平を出すのに一番やりやすい方法をとったのだろう。
根太はかなりの背のある材を使っているが、横っちょを木ねじと接着剤で留めてあるだけで強度的に不足。
木は腐るし、木ねじはサビるし、接着も劣化する。
コーススレッド(木ねじ)の使用はお手軽だが、同サイズの釘に比べ細いし、焼入れされているので折れる。

この家に、あまり金はかけたくないし、まともにやると、材料費だけで数万。
さあどうするか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おに

Author:おに
おにです。
射手座 B型 永遠の十代 ♂
物欲との戦いの日々、
散財状況と日常のぐだぐだを、
気の向くままにお伝えします。

ぴろ
かに座 A型 ♀
おにの嫁

マール:Mar (まるっち、丸犬)
昼寝とオヤツ命の黒ラブ 10歳 ♂
丸顔、タレ目、でこっぱち
最近、散歩は控えめ 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
楽天
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム