戦略的縮小

少し前に、引っ剥がしたデッキ
補修の方針を考え、資材も買いに行ったのだが、体調不良を言い訳にグダグダ。
その後も少し腐った板を剥がしたりしたのだが、危うい状態で放置していた。

この柱、
DSCN9908.jpg

柱としての役を果たしていない。
DSCN9903.jpg

柱直下のデッキ材2枚を剥がしたせいもあるが、そもそも基礎や束にのっておらず根元も腐ってグズグズ。
どうするんだ、これ。

正しい道は、まずデッキ材を完全に撤去。
柱も交換し、その下にはしっかりとした基礎を入れる。
束を追加し、重量を分散して支えるようにする。
その上で、傷んだデッキ材(大半)を新しいものと交換するといったことになる。

手を着けたのを後悔しつつ、戦略的見地に則り作業を進めることとした。
その戦略とは、このボロ家には金も手もかけるのは最小限にということ。

具体的にどうするのかというと、
まずは例の柱、腐った部分を切除。
DSCN0061_20150525163157414.jpg

要は、下の方を切った。
DSCN0063_201505251631588b6.jpg

まだ仮だが、下にベースとなる角材を入れそこへ金物で固定、角材のほうをデッキ材に固定する。
雪の季節だけが心配だが、まあこれでなんとかしのごう。

そして、デッキ材の交換を最小限にするため、先端を80センチほどをカット。
DSCN0064.jpg

軒先からはみ出し、雨に直接打たれる部分の痛みが激しいので、さしあたりこれで充分。
切りそろえた断面もきれいで、腐れも殆どなかった。

スッキリ。
DSCN0066.jpg

廃材の山。
DSCN0074_20150525164535326.jpg

歯抜けだったデッキ材も入れ、
DSCN0068_20150525163201fd8.jpg

まだまだ完成ではないが仮復旧、6畳ほどのスペースが4畳半になってしまった。
DSCN0067.jpg

次はもう1本の柱と、その基部の補修。
束も真ん中辺りに、もう一つ追加するつもり、続く。


本日の坊っちゃん、日なたで日光消毒。
DSCN0070_20150525174551da3.jpg

草も伸びた、
DSCN0072_2015052517455343b.jpg

また草刈りの日々も始まるのか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おに

Author:おに
おにです。
射手座 B型 永遠の十代 ♂
物欲との戦いの日々、
散財状況と日常のぐだぐだを、
気の向くままにお伝えします。

ぴろ
かに座 A型 ♀
おにの嫁

マール:Mar (まるっち、丸犬)
昼寝とオヤツ命の黒ラブ 10歳 ♂
丸顔、タレ目、でこっぱち
最近、散歩は控えめ 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
楽天
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム