ひと声、1ヶ月

朝、6時に病院に到着し撤収準備。
この連休中は看護師の数が少ないこともあり、
プレッシャーを掛けられ、ママゴン監視のため毎日早朝から詰めていたがこれで最終。

9時前に介護タクシーが到着、妹は仕事へ。
元いた病院へ運ばれるが、まず診察やら検査やらでバタバタ、昼前に病室入り。
いろんな意味でどうにも落ち着かない病室。
診察時、先生から「2週間ほど入院して」と聞き、ちょっと焦る。
妹の思惑では、
「今年は大殺界(妹が)やから、大きな動きはしない」
ぎりぎり病院で引っ張り、その間に善後策を練るという方針。
そのためには、あと2ヶ月くらいは入院させておきたい。
「ちょっと、それは...」
露骨にもっと入院させろとはいえないので、先生に無言で訴える。
「じゃあ、1ヶ月をとりあえずの目処に」、と。
そもそも、まともな人なら家に戻って療養できるレベルに体は回復している。
流石にそれを2週間と言われたのを2ヶ月は無理やで。

これで時を稼ぎ、家をプチリフォームしてとりあえずの受け入れ態勢の整備をする。
本当に帰ってこれるか、それとも早々に追い出されるか!?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おに

Author:おに
おにです。
射手座 B型 永遠の十代 ♂
物欲との戦いの日々、
散財状況と日常のぐだぐだを、
気の向くままにお伝えします。

ぴろ
かに座 A型 ♀
おにの嫁

マール:Mar (まるっち、丸犬)
昼寝とオヤツ命の黒ラブ 10歳 ♂
丸顔、タレ目、でこっぱち
最近、散歩は控えめ 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
楽天
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム